事柄による慰謝料の請求と相談するところを把握しておく

事故によるむちうち

追突による交通事故の場合、その衝撃によって首が激しく屈伸してしまい、首の筋肉や靭帯などが損傷してしまうことが多々あります。この首の損傷による症状がむちうちと呼ばれるものですが、むちうちは衝突時の衝撃の大きさによって、その後の症状も大きく変わってきます。 交通事故によるむちうちの場合は保険が適用されますし、自賠責保険などを使用すれば治療費も保障してくれるので経済的負担は少なくて済みますが、損傷の度合いによっては長い期間、不調に悩まされる人も少なくありません。 むちうちのように筋肉や靭帯の損傷の場合、病院で検査をしても損傷の程度がわからないことも多く、自覚症状に応じてリハビリ的な治療をするのが一般的となっています。

交通事故によってむちうちとなり、治療を継続しなければならない時は加害者側に治療費等の慰謝料を請求することができます。また、一定期間治療を継続しても回復が見込めない場合は、後遺障害の等級認定を受けることでこれまでの慰謝料などとは別に後遺障害による慰謝料等を請求できるようになります。慰謝料等の額については怪我の程度によって大きく異なりますし、後遺障害の場合も等級を元に金額が計算されます。 むちうちのように見た目ではわからない後遺症の場合は、後遺障害と認定してもらうには症状や治療状況など正確な書類の提出が必要になります。提出する書類によって等級が決められるので、交通事故に詳しい専門家などに相談しながら手続きを勧めていくことが望まれます。

Copyright (c) 2015 事柄による慰謝料の請求と相談するところを把握しておく all reserved.