事柄による慰謝料の請求と相談するところを把握しておく

慰謝料は簡単ではない

慰謝料を取ることの困難さ。

テレビや週刊誌の芸能人の離婚で派手な慰謝料請求や支払いの話がいつの時代でも取りざたされていて、一般市民もこれに呼応するようにこれ見よがしに高額請求をしてることが多いですが、注意すべきはその責任の原因と支払い能力の点です。たくさんの資力を保有しているだろう有名芸能人と違って、一般市民は巨額な資産を保有していることはあまりないと思います。したがって過大と思える請求をしたい気持ちはわかりますが、それにともなって弁護士の依頼報酬や裁判費用も影響を受けてきますから、そこは現実的な判断を必要とします。一番良い方法は相手方に自主的に自発的に払ってもらうことですが、信頼関係も破綻している相手にこれを望むのも難しい側面は同居しているものです。

次へのステップを前向きに考える。

結婚生活の中で、長く苦しんできた人にとっては、離婚できることそのものが合意できれば、かなり肩の荷も下りて、精神的にも一度に楽になれるものでしょうから、ここでは慰謝料という金銭的な要求はあえて欲張らないという選択をする人たちも、相当数います。これはこれで当人たとの判断は、賢明な選択でしょう。また一種の手切れ金として、支払えるだけのまとまったお金を一括してもらっておくことも有効です。慰謝料にしろ養育費にしろ、長期間の義務履行はなかなかできないという人たちが多いものです。またこれらにしがみついていても、気持ちがすっきりするということもないでしょう。次のステップに進むためにはある程度の踏ん切りも必要だと思います。離婚自体難しいことなので、離婚と慰謝料をうまく成立させるには、ある程度の妥協で、うまく通り過ぎるのが一番です。

Copyright (c) 2015 事柄による慰謝料の請求と相談するところを把握しておく all reserved.